[ 前の記事 ]

梅雨の時期に多い関節痛の対処法

 ~漢方講座第3回~

梅雨の時期に多い関節痛の対処法

関節痛の原因はさまざまです。
老化や怪我の後遺症、変形性関節症などの漢方相談が増えています。

症状:関節の痛み(天気や気圧の変化で痛む、温めると楽になる。)

対処法:軟骨成分やコンドロイチンなどの入った製剤を使う事もありますが、
中医学 中国漢方 では、血流や内蔵の働きの低下により痛みが起こると
考えます。中国では、海風藤、穿山竜、木瓜などの痛みを取る生薬を使います。
また日本では、活絡健歩丸(かつらくけんぽがん)などが有名です。

痛みを和らげる為には、生活養生も大切です。是非、中医学に精通する
私たちにご相談下さい。