[ 前の記事 ] [ 次の記事 ]

ひ弱は脾弱(ひよわ)

 

中医学では、(ひ)は消化器系を意味し、エネルギー(気・血・津液)をつくる源と考えています。
 
さらに、からだの免疫力、筋肉の大きさとも密接な関係を持っています。
 
の働きが正常でないと、からだに様々な不調をきたします。
 
「ひ弱」とはまさに「脾弱」(=脾の働きが弱い状態)のことといえましょう。
 
健脾散エキス細粒は、下痢などの慢性胃腸疾患に、子供から大人まで幅広く使える漢方薬です。

 
 

Tags: ,