[ 前の記事 ] [ 次の記事 ]

皮膚トラブルにも個性が!?

 

とんでもない暑い夏が終わり、今度は暖房が必要になってきている今日この頃、私のお店には皮膚の痒みで若い女性の方が多くなりつつあります。
 
中国医学では、皮膚の掻痒には個々に個性がちゃんとあってその個性に応じて薬を使い分けないと効いてきません。
 
まるで子供の遊びたいことがわからない親がこどもに遊びを押し付けるようなものに似ていますね。
 
中国医学では、その個性を見分けるために皮膚の状態をみてどの場所にどのような何色の状態になっているのかを見ると同時に全身の体の状態を聞いてその個性にどのようにしたらマッチするのかを考える学問なのです。
 
最近よく聞く皮膚のトラブルとしては、女性の生理前の蕁麻疹ニキビであったり産後のお母さんの蕁麻疹年配の方の乾燥による皮膚の痒みアトピー性皮膚炎による皮膚の痒み女性の陰部の痒みなど上げればたくさんありますが、中国医学の考え方として食事、生活習慣、環境因子を考慮に入れ、その人の体のゆがみや症状の原因を追求してはじめてその人に合う漢方薬が見つけ出せるのです。
 
病院で西洋医学の薬を対処療法で出されていても一向に上手くいかない方は一度来店してみてください。
 
 

bud.gif愛徳堂薬局bud.gif