漢方薬~その3

product
 
  ・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)  ・酸棗仁湯顆粒(さんそうにんとうかりゅう)
  ・散痛楽楽丸(さんつうらくらくがん)  ・瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)
  ・勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)  ・逍遙丸(しょうようがん)  ・浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)
  ・参馬補腎丸(じんばほじんがん)  ・至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)
  ・ジメイ丸[中国名:耳鳴丸](じめいがん)  ・潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)
  ・小青竜湯エキス[細粒](しょうせいりゅうとう)  ・清営顆粒(せいえいかりゅう)
  ・精華牛車腎気丸(せいかごしゃじんきがん)  ・双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)
参茸補血丸さんじょうほけつがん
参茸補血丸 【生薬】リュウガンニク・トウキ・オウギ・ゴシツ・トチュウ・ハゲキテン・ニンジン・ロクジョウ

滋養強壮薬によく配合される生薬がメイン、丸剤タイプの補陽・補腎・補血薬です。
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性の場合の滋養強壮を目的としております。

【第2類医薬品】


 
酸棗仁湯顆粒さんそうにんとうかりゅう
酸棗仁湯顆粒 【生薬】サンソウニン・チモ・センキュウ・ブクリョウ・カンゾウ

「虚労、虚煩し眠るを得ざるは、酸棗仁湯これを主る(金匱要略:きんきようりゃく)」と記載されている古典的な処方です。
安神作用のある酸棗仁を主に自然な睡眠リズムの回復、心身がつかれ弱って眠れないものの改善を目的としております。

【第2類医薬品】


▲TOP
散痛楽楽丸さんつうらくらくがん
散痛楽楽丸 【生薬】  トウキ・ジオウ・ソジュツ・センキュウ・トウニン・ブクリョウ・シャクヤク・ゴシツ・イレイセン・ボウイ・キョウカツ・ボウフウ・リュウタン・ショウキョウ・チンピ・ビャクシ・カンゾウ

『万病回春』に収載されている[疎経活血湯]を服み易い丸剤にしたものですが、その原典には「疎経活血湯は遍身走痛して刺すが如く、左足痛むこと尤も甚だしきを治す。左は血に属す。昼は軽く夜重いもの。」とあります。「散痛楽楽丸」は、無理な動作やくしゃみなどで突如襲われる腰痛や筋肉痛によく奏効し、特に神経痛などは、昼間より夜間から朝方にかけて痛みが激しくなるタイプに効きます。日常生活では身体を冷やさないように気をつけ、本剤を服用する前後には冷たい飲食物の摂取を避け、また、温かいお湯で服用するなどの心がけが、痛みを和らげるのに役立ちます。

【第2類医薬品】


 
瀉火利湿顆粒しゃかりしつかりゅう
瀉火利湿顆粒 【生薬】  トウキ・モクツウ・ジオウ・タクシャ・オウゴン・シャゼンシ・サンシシ・リュウタン・カンゾウ

比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向がある方の排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけの改善を目的としております。

【第2類医薬品】


▲TOP
勝湿顆粒しょうしつかりゅう
勝湿顆粒 【生薬】  ビャクジュツ・ブクリョウ・ハンゲ・チンピ・コウボク・タイソウ・キキョウ・カッコウ・ソヨウ・ダイフクヒ・カンゾウ・ビャクシ・ショウキョウ

夏の感冒、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠の改善を目的としております。

【第2類医薬品】


 
逍遙丸しょうようがん
逍遙丸 【生薬】  シャクヤク・ビャクジュツ・ブクリョウ・トウキ・サイコ・カンゾウ・ショウキョウ・ハッカ

特に女性ホルモンの変動に伴う精神不安・精神神経症・不眠などに用いられます。
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症の改善を目的としております。

【第2類医薬品】


▲TOP
浸膏槐角丸しんこうかいかくがん
浸膏槐角丸 【生薬】  カイカク・ジユ・ボウフウ・トウキ・オウゴン・キコク

消炎・止血の槐角を主薬とした丸剤で、内痔核・外痔核・裂肛・痔出血・痔の痛みの緩和を目的としております。

【第2類医薬品】


 
参馬補腎丸じんばほじんがん
参馬補腎丸 【生薬】  ニンジン・トチュウ・ジオウ・リュウコツ・ゴミシ・インヨウカク・ブクリョウ・カイバ・ロクジン・ロクジョウ・ホコツシ・シュクシャ・サンシュユ

補腎陽の丸薬で、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症の場合の滋養強壮を目的としております。

【第2類医薬品】


▲TOP
至宝三鞭丸しほうさんべんがん
至宝三鞭丸 【生薬】  ジオウ・クコシ・トシシ・ゴシツ・ブクリョウ・ハゲキテン・サンシュユ・サンヤク・ホコツシ・ロクジョウ・トチュウ・タクシャ・ニンジン・コウクベン・カイクベン・カイマ・ゴウカイ・ジンコウ・ヨウキセキ・インヨウカク・ソウヒョウショウ・リュウコツ・ロクベン・ウイキョウ・オウギ・オウバク・オンジ・サンショウ・シャクヤク・ビャクジュツ・トウキ・ケイヒ・ボタンピ・カンショウ・ニクジュヨウ・カシュウ・フクボンシ・ショウブコン

多数の補養薬の丸剤で、滋養強壮、肉体疲労、虚弱体質の改善を目的としております。

【第2類医薬品】


 
ジメイ丸[中国名:耳鳴丸]じめいがん
ジメイ丸耳鳴丸 【生薬】  ジオウ・サンシュユ・サンヤク・タクシャ・ボタンピ・ブクリョウ・サイコ・ジセキ

『中国医学大辞典』の[耳聾左慈丸]に基づいて作られたもので「耳鳴丸」の名の示すとおり、特に貧血性の耳鳴りをはじめ、腰痛・手足のだるさなどの症状の改善を目的としています。「ジメイ丸」は補腎薬で、身体が虚している人に向いています。

【第2類医薬品】


▲TOP
潤肺糖漿じゅんぱいとうしょう
潤肺糖漿 【生薬】  ゲンジン・バクモントウ・ジオウ・シャクヤク・ボタンピ・バイモ・ハッカ・カンゾウ

清の時代の鄭梅澗著『重楼玉鈅』巻上(1817年)に養陰清肺湯として記されたものを原典とするお薬です。養陰清肺湯は、後に改良が加えられ、多用される処方の一つとして1963年版の中華人民共和国薬典に収載されています。肺陰虚、復感邪毒に適用される代表処方です。

【第2類医薬品】


 
小青竜湯エキス[細粒]しょうせいりゅうとう
小青竜湯エキス 【生薬】  ハンゲ・マオウ・ケイヒ・シャクヤク・サイシン・カンキョウ・ゴミシ・カンゾウ

平素から心下に停水のある人で、感冒やその他の熱病にかかったその刺激で喘鳴を発する方で、涙・鼻水が多い方向けを目的としています。本品は、細粒剤であるため溶けやすく、のどや舌にくっついたり、飛散するような不快感の軽減を考慮しています。

【第2類医薬品】


▲TOP
清営顆粒せいえいかりゅう
清営顆粒 【生薬】  シャクヤク・ジオウ・オウゴン・ボタンピ・ダイオウ・サンシシ

便秘又は便秘に伴う、頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常醱酵、痔の症状の緩和を目的としております。

【第2類医薬品】


 
精華牛車腎気丸せいかごしゃじんきがん
精華牛車腎気丸 【生薬】  ジオウ・サンシュユ・サンヤク・タクシャ・ブクリョウ・ボタンピ・ゴシツ・シャゼンシ・ケイヒ・カコウブシ

中国宋代に著された『厳氏済生方』の[水腫論治]項に記載されている[牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)]に基づいて製剤化されたエキス丸剤です。「牛車腎気丸」は「加味腎気丸(かみじんきがん)」とも言われ、腎気を強める薬剤として知られている「八味地黄丸(はちみじおうがん)」に牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)が加えられたものです。疲れやすくて四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある方の下肢痛・腰痛・しびれ・老人のかすみ目・かゆみ・排尿困難・頻尿・むくみの改善を目的としています。

【第2類医薬品】


 
双料参茸丸そうりょうさんじょうがん
双料参茸丸 【生薬】  オウギ・ニンジン・ロクジョウ・トウジン・ブクリョウ・トウキ・クコシ・ハゲキテン・ジオウ・トウチュウカソウ・ゴウカイ・サンヤク・ビャクジュツ・カンゾウ

動物・植物計14種類の生薬が配合されており、これらを粉末にし丸剤とし、プラスチック製の容器に入れ蝋封したものです。虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症の改善を目的としております。

【第2類医薬品】

▲TOP
相談する  
‹‹ 前のページへ 次のページへ ›› 
漢方薬は医薬品です。
服用の際には必ず専門スタッフにご相談のうえご利用頂けますようお願い致します。