[ 前の記事 ] [ 次の記事 ]

帯状疱疹

 

痩せ型の、79歳の女性がご来店されました。

以前、メニエールを発症し、坐骨神経痛などの既往歴のある方でしたが、この冬インフルエンザにかかった後に、胸から背中にかけて帯状疱疹になってしまい病院で治療を受け、医者からもう大丈夫といわれたけれど、昼間はもちろん特に夜になると「痛くて痛くて」寝られないという訴えでした。

年齢からして病後の体力消耗による免疫力低下と多少貧血気味でもあったので、気血の不足を補う漢方薬と血液循環・肝血流量を上げる漢方薬を加えて2ヶ月服用になりました。

1ヶ月間でほとんど痛みが取れ、2ヶ月で完全に痛みがなくなりましたが、本人のご希望で上記のお薬は予防の為、現在も薬の量を減らしながら継続中です。

(1ヶ月分で約15000円)

 
 

bud.gif中国漢方のミヤタ薬局bud.gif