[ 前の記事 ] [ 次の記事 ]

月経前症候群(PMS)

 

やや痩せ型の36歳、女性が、月経前症候群(PMS)で相談にこられました。

PMSはおよそ15年ほど前からだそうです。

月経前になると右足の付け根がチクチク痛むほどではないが、違和感があり、こむらがえりを起こすことがある。

頭痛があり、鎮痛剤を服用する。

又冷えを感じ、特に腰から下が冷え冷えする。

昨年5月に卵巣膿腫が見つかり筋腫も一つあるとのこと。

血圧が低く、舌質は淡ピンク色、歯痕あり。

顔色は血色がなく、明らかに血液量が不足していて血のめぐりも良くないと考えられます。

初回ご来店時、血液を増やし体を温める漢方薬液体2本入り(10200円)と、血液を流す漢方薬(約1ヶ月分8400円)をお求め頂き、いずれも一さじずつ1日3回服用して頂くよう、アドバイス致しました。

3週間後に再度ご来店くださり、手のカサカサ、目下のくまや細かいイボが薄くなり、又足の痙攣は感じなかった。

漢方薬で改善されているのが体でよくわかったと喜んで、血液を増やし体を温める漢方薬液体2本(10200円)をお求めになりました。

その又3週間後、月経前の症状はとても楽になり、鎮痛剤は服用することがなかった。

こんなにも早く楽になるのならもっと早く漢方薬を服用すれば良かった、と感想を述べていらしゃいました。

現在は初回からの漢方薬と花粉症を改善するための処方(1ヶ月分で8400円)を併用して漢方薬を続けていらっしゃいます。

 
 

bud.gif小平薬局bud.gif